神式と仏式での流れの違い

神式と仏式での流れの違い

神式と仏式での流れの違い 葬儀の内容や流れは信仰している宗教によって大きな違いが生じることがあります。
わが国では一般的な仏式の場合には、通夜と告別式にわかれていて、それぞれに菩提寺から僧侶を呼び読経をしてもらい、参列者はその合間で焼香をするというスタイルとなっています。
いっぽうの神式の葬儀は江戸時代から明治時代にかけての廃仏思想のなかで新たに採用されたものですが、実際には仏教から影響を受けた部分も多く、流れはほとんど同様です。ただし所作や名称には大きな違いがあり、通夜は通夜祭と言い換えられますし、参列者は仏教的な焼香はせず、霊前に玉串を捧げるのが一般的です。
当然ですが僧侶が読経をすることもありませんので、代わりに神社から神主が呼ばれて祭詞を奏上します。
また神道では死を穢れのひとつと捉えるため、仏教とは違って神社で葬儀が行われることはなく、民間や公共のセレモニーホールや自宅などがその会場として充てられることになります。

神式の葬儀があったときの当日の流れについて

神式の葬儀があったときの当日の流れについて わが国では江戸時代の寺請制度などもあいまって、葬儀といえば仏式が主流となっていますが、一部の地域では神式で行うこともあります。
この場合の葬儀当日の流れに関しては、やはり仏式とは異なる部分がありますので、参列する場合には気をつけておいたほうがよいでしょう。
参列者の服装としては仏式と同様に黒系統の喪服などでかまいませんが、仏教のように数珠を身に着けることはありません。
式場では神社を参拝する際のお清めと同様に手水を使うこともあります。また仏式であれば一日葬のような形態ではない限り、通夜と告別式というセットになるのが普通ですが、神式の場合は通夜祭と葬場祭という言い方をします。
いずれも僧侶に読経をしてもらうことに代えて、神職をその場に招いて祭詞を上げてもらうことになります。
仏式であれば参列者は霊前に出て焼香を順番に行うのが普通ですが、その代わりに玉串を捧げる動作をします。これも焼香と同じく順番で霊前に進みます。

新着情報

◎2023/12/15

情報を追加しました。


>葬儀を簡略化して行う際における注意点について
>生前葬儀を行う場合の準備と注意点について
>葬儀を欠席しなければならない時に行うべき事
>オンラインの葬儀ならどこからでも参列できる
>葬儀で見られるトラブル事例と対処法について知ろう

◎2023/2/16

情報を追加しました。


>リモート葬儀で遠方に住んでいる方でも参加可能
>葬儀に参列できない場合に利用できる弔電について
>終活の必要性と家族にあった葬儀の形を考える
>葬儀の会食のマナーと提供する料理の選び方
>現代の葬儀ではもはや宮型霊柩車は見られません

◎2022/4/22

情報を更新しました。
>葬儀における無宗教スタイルの特徴を把握しておく
>葬儀で供花を送る際の把握しておくべきマナー
>キリスト教の葬儀で仏式との違いを把握しておく
>葬儀で通夜に参列する際の服装を選ぶ上でのマナー
>色付きレンズの眼鏡やサングラスは葬儀のときにはNG?

◎2019/1/10

神式と仏式での流れの違い
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

葬儀の時の髪色
の情報を更新しました。

◎2018/9/4

喪主の決め方
の情報を更新しました。

◎2018/6/8

葬儀時のNG態度
の情報を更新しました。

◎2018/4/10

葬儀に遅刻したときの対処法
の情報を更新しました。

◎2018/3/9

サイト公開しました

「葬儀 流れ 」
に関連するツイート
Twitter

東大生が過去問貰えないことにキレてるツイート流れてきたけど過去問サイト無いの非効率的すぎてガチで笑い止まらん 今葬儀中やのに めっちゃ死体と目合う 後で棺にパンジー供えとこ

葬儀の時に母が在所って言葉を使ってたけど、話の流れで通じてはいるものの義実家勢はわからんだろうなと思い夫に意味わかるか聞いたらやっぱりわかってなかった。母も方言なんだ⁉️て驚いてたな

忌引の日数を調べただけなのに葬儀のプランとか喪主のマナーとかの広告が流れてくる

お通夜・葬儀は、親族だけ。 不謹慎だが、 その流れは、正直、助かってる。 営業マンって、人間関係やもんな。

葬儀会場では、 ハナミズキが流れていた。 送る側からすると、 ハナミズキは 相当名曲だ。 なんなら、100年どころか もっと続いちゃう。